食事について考える

main-img

食生活は各個人によって違い生活習慣や趣味趣向が一番あらわれる部分です。

住んでいる地域によっても食べられるものが違うので食事内容も違ってきます。



関東と関西では味付けの嗜好も違うので食品を扱う企業などは、その地域の人が好む味付けにして商品を販売していることもあります。



また、食事の好き嫌いは育てられる環境によっても違ってきます。



親が嫌いなものなどは、食卓に並ぶことが少ないために子どもも大人になるまで食べなかったり、自然と苦手などになっていく場合も少なくはありません。



またアレルギーを持っている人なども最近では増えてきており、アレルギーの人に対してどういう風に普通の人と同じようにして食事できるかまた安心して食事ができるようにするためにそういった方面での発展も期待されています。
病気などで食事制限などがされていない限り、人は自分で好きなものを摂取することができますが、最近では、人々の健康志向が強くなってきており、一時期は値段の安い食品が人気でしたが、産地や生産者などにこだわりを見せはじめており、少し値段が張るものでも国内産や生産者の顔がみえる売り方をしている食物が人気になっています。カロリーの計算などの方法も最近では浸透してきており、ダイエットにはまず食事を改めるところからはじめたりすることもあります。


食事は生きていく上で楽しみの1つでありそれを豊かにすることで生活に潤いを持たせることができます。
人間は生きていくうえで、健康で丈夫な身体をつくるために、等質やタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった6個の栄養素が含まれた食品を、バランスよく摂ることが大切です。

また、一日3食と決まった時間に食事することが基本ですが、特に朝食を抜いてしまうと、身体のバランスが悪くなるので、朝はしっかりと食べなければなりません。

夕食は一日のバランスを整えるために朝食や昼食で不足していたものを摂る必要があり、身体の栄養吸収が活発になりやすいので、夕食は、控えめに食べた方がベストです。


また、青魚を食べる事も大事で、たとえばイワシには血液を固まりにくくする脂肪酸が含まれており、魚の脂には炎症を抑制する作用やコレステロールを下げ、血液をサラサラにしてくれる働きがありますので、上手に摂取するべきです。
また、タンパク質は、生きていくために毎日適量をとる事が必要であり、体内の代謝活動を維持していくためにとても大切です。


また、便秘の方は食物繊維を積極的に摂ることで、腸の働きも活発になり、身体の中からきれいにしてくれます。



毎日の食事ですが、主食、副食、主菜、乳製品、果物などをうまく組み合わせて摂ることで、食事のバランスが取れます。


食事を摂ることは、健康な身体で生きていくためにとても大切な事です。



食生活が乱れたり、ストレスが多いと、身体に不調を感じるようになります。



体調が悪い時には、すぐに食生活を見直す事で、体質改善にもなります。



関連リンク

subpage01

楽しい食事でよい生活を

人間は食事無しには生きてゆけない生物であることは、誰もが知っている事実です。食べたものは骨や筋肉、脂肪などへと変わり、人間の身体を作り上げます。...

more
subpage02

食事の栄養不足分を補う

食事というのは健やかな生活を送っていくために最も重要な習慣になります。一日に必要な栄養素というのはそれぞれの性別や体系などによって個人差があるのでなるべく栄養バランスが崩れない食事をすることが必要であると思います。...

more