友人家族と食事する際のメリットと気を付ける点

main-img

独りで黙々と食べる食事は確かに料理を深く味わうには最適ですが、多少食べる事に集中出来なくとも気の合った者同士で囲む食卓もたまには良いものです。

たとえば気の置ける友人同士の昼食や毎日の家族との夕食、たまには奮発してちょっと値段が高目の外食をチョイスしての食事も楽しいものです。

幸い地域のフリー雑誌の外食紹介コーナーでは特定人数以上の来店で割引されるクーポンが付属しているのでそれを有効活用すれば割安で食事をする事が出来ます。またいつもは独りで訪れていたお気に入りのお店でもたまに友人家族を誘って食事に行き、その味に満足してもらえればこれ以上の喜びはありません。

自分では気に入っていても他人の立場から判断してもらわないと何故か落ち着かない場合もあり、ここで高評価を得れば自分のお店選びにも大きな自信となるのです。皆で食事をする時に美味しく頂けるちょっとした工夫ですが、職場や特定の人の悪評などネガティブな会話ばかりしていると会話のテンションが下がり料理も美味しく感じられなくります。

そこで話の内容をよりポジティブな内容にしてみると話も盛り上がり味覚にも良い効果が得られます。


例えば近い将来の旅行やイベントの話、評判の有名人やお店についてなど、意識して探せばポジティブなネタはいくらでも挙がってくる筈です。
当たり障りのない話で真の友情をはぐくむ場で無くなってしまうという心配であれば、それはもっとリラックス出来る飲みの席に取っておくと良いでしょう。


先ずは皆で料理を味わう事が先決です。

人間は食事を規則正しく朝・昼・晩にとることが基本となっており、それは生まれた時から誰しも行っていることと思います。

なぜ三食食べることが基本になっているのかと疑問に思う方もいると思います。
私なりの一日三食の食事の重要性を考えてみました。
まず三食食べることで腸の働きにリズムを与え、便秘症をなくして、免疫力を高めることができるといわれています。

次に、食事をとると炭水化物は脳のエネルギー源であるブドウ糖に変化しますので、集中力をアップさせることができます。
仕事や勉強に集中したいなら、朝食をとることは欠かせません。また、一日二食食べたとして、一食分欠けてしまうと、食事の時間が空いてしまうことで身体が万が一の時に備えエネルギーを体内に蓄積しようとします。
そうなると脂肪を燃焼する力が弱まり、基礎代謝が悪くなってしまうのです。

そして「太りやすい体質」へと変化してしまいます。食事間隔があいてから次に口にした食べ物は、身体がそのエネルギーをすぐに吸収してしまいますので、すぐに太ってしまいます。
最近女性に多い貧血ですが、これも一日の食事をきちんと三食取ることで予防することができます。

特に月経や妊娠・授乳期は鉄分が失われやすく、ダイエットをしていると鉄分を接種する機会が減ってしまいますので、特に注意しなければなりません。

少しでも良いので、食事は抜かずに規則正しく三食とることで生活のリズムをつくり、身体のリズムを整えていく必要があると思います。

















関連リンク

subpage01

食事のマナーを身につけられるマナー教室での指導

食べ物を摂取すると言うのは、人間に備わった基本的な本能の一つです。かつては、その本能の赴くままに食べ物を摂取していました。...

more
subpage02

友人家族と食事する際のメリットと気を付ける点

独りで黙々と食べる食事は確かに料理を深く味わうには最適ですが、多少食べる事に集中出来なくとも気の合った者同士で囲む食卓もたまには良いものです。たとえば気の置ける友人同士の昼食や毎日の家族との夕食、たまには奮発してちょっと値段が高目の外食をチョイスしての食事も楽しいものです。...

more