楽しい食事でよい生活を

main-img

人間は食事無しには生きてゆけない生物であることは、誰もが知っている事実です。
食べたものは骨や筋肉、脂肪などへと変わり、人間の身体を作り上げます。

生きるために必要不可欠な食事ですから、毎日欠かすことができません。
また、食事は人間の肉体面だけではなく精神面にも多大な影響を与えます。決まったリズムで食べることによって、生活リズムが安定し、さらには体調面も安定することにより、精神も安定します。
いらいらすることや落ち込むことが少なくなり、明るく健康的な生活を送ることができます。


このように、食事は人間の肉体さらには精神にもさまざまな影響をもたらします。


しかし、ただ摂取すればいいというものではなく、いかに楽しく、美味しく摂取するかが大切になってきます。人に作ってもらった食事であればその作った人に、インスタント食品であっても、その食品に使われている食材のひとつひとつや、それを作った農家の人々、さらには流通段階にかかわったすべての人々に対してまで感謝の気持ちを持ち、ゆっくりと噛みしめて食べることで、よりいっそう自分の血となり肉となり、さらには活力になっているということをはっきりと実感することができます。


一人のときも、誰かと食事をするときも、ただ食べるという作業をするのではなく、明るく、楽しくそして美味しく食べることが、何よりも重要です。
それが食事の醍醐味であり、そうすることで初めて自らの栄養となってゆくのです。人間が生活していく中で最重要になってくるのが食事をするということです。

食事はしっかりとしたバランスの良い摂取方法により健康的な生活を続けていくことができます。
しかし、現代人は忙しい人であればあるほどに食事のバランスが取れなくなり、過度の栄養摂取を起こしてしまう人も増加しています。

過度の摂取は肥満へと繋がるので継続していると健康への影響が出始めます。

特に中高年には食事に対する影響が非常に大きくなり、生活習慣病を患ってしまうこともあるので注意が必要です。そこで食事の上手い取り方をすることで過剰摂取をせずに体へ脂肪が溜まらないようにすることを考えていきます。
手軽にできる方法としては食べる順番についてです。
ほとんどの人は主食でもある炭水化物を一番先に口にしてしまうことが多いと思いますが、空腹の胃には炭水化物は吸収されやすいのであまり望ましいとはいえないと思います。
理想は野菜を先に食べ終えてからの主食に手をつけるということが脂肪が溜まらないようにするための手段であります。他にも食事の際の水分の摂取方法にも順番をつけてみることで脂肪の過剰摂取を抑制していくことができますが、食事の仕方は個人の自由であるので細かく制限してしまうと食べづらい状況になってしまいます。


そこで3食のうち1食だけでも意識して食べる順番を変えてみると肥満になりにくい体作りに繋がっていくと思いますので試してみることをお勧めします。

















関連リンク

subpage01

食事のマナーを身につけられるマナー教室での指導

食べ物を摂取すると言うのは、人間に備わった基本的な本能の一つです。かつては、その本能の赴くままに食べ物を摂取していました。...

more
subpage02

友人家族と食事する際のメリットと気を付ける点

独りで黙々と食べる食事は確かに料理を深く味わうには最適ですが、多少食べる事に集中出来なくとも気の合った者同士で囲む食卓もたまには良いものです。たとえば気の置ける友人同士の昼食や毎日の家族との夕食、たまには奮発してちょっと値段が高目の外食をチョイスしての食事も楽しいものです。...

more